« 『脱原発唱えた菅首相に感謝』 | トップページ | 朝日社説 『再生エネ法 送電線網の接続を透明に』 は、突っ込み不足 »

『脱原発』 ドイツの結論

本日(2011/9/3)の朝日新聞 『私の視点』

脱原発 『なぜ』の徹底議論必要

   ベルリン自由大教授  ミランダ・シュラーズ
   北海道大教授      吉田 文和

本稿は、3.11福島原発事故発生後、
ドイツ『より安全なエネルギー供給に関する倫理委員会』で、
徹底した議論の末、たどりついた結論を簡潔に説明したもの。

わが国の脱原発を考えるにあたり、大変参考になる。

朝日新聞 『私の視点』 (2011/9/3)

20110903_2

【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、記事を選択後、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

|

« 『脱原発唱えた菅首相に感謝』 | トップページ | 朝日社説 『再生エネ法 送電線網の接続を透明に』 は、突っ込み不足 »

原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『脱原発』 ドイツの結論:

« 『脱原発唱えた菅首相に感謝』 | トップページ | 朝日社説 『再生エネ法 送電線網の接続を透明に』 は、突っ込み不足 »